物件売却のご案内

売却に至るまでの流れ

STEP1 媒介契約書の提出

売却の御意志が固まりましたら媒介契約書を提出していただきます。

 

※媒介契約書とはお客様の大切な資産を第三者の方へ紹介できる承諾書のようなものです。

 こちらの書面をいただくまでは不動産会社はいかなる販売活動も出来ません。

媒介契約には下記の3つの契約形式があります。

 

専属専任媒介契約形式

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することが出来ません。
依頼者は自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができません。

専任媒介契約形式

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼する事ができません。
依頼者は自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。

一般媒介契約形式

依頼者は、目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができます。
依頼者は自ら発見した相手方と売買又は交換の契約を締結することができます。

STEP2 販売活動

媒介契約書をいただきましたら販売活動に移ります。

専属専任媒介契約形式、専任媒介契約形式の場合、物件情報を東日本不動産流通機構と呼ばれる不動産業者が閲覧できる
インターネット機構へ登録し、不動産業者への営業をします。

上記のような不動産業者だけでなく、一般のエンドユーザー様への営業も行い門戸を広げて販売活動を行い、
お客様のご条件に見合う買主様を探していきます。

 

販売活動のご報告は電子メールやお電話にてご報告させていただいております。

STEP3 買付証明、売渡承諾書

買主様との条件も折り合い、話がまとまった所で買主様より、買付証明書を発行していただきます。

それを踏まえ、お客様にはご売却の意志を示す売渡承諾書を発行していただきます。

その後、契約日の段取りをしていきます。

STEP4 契約

事前にご確認していただきました契約内容で契約書を作成し、ご契約となります。

 

売主様、買主様の担当が一同に会し、契約を締結します。

STEP5 決済

下記の登記必要書類と引き換えに買主様より売買代金をお支払いしていただきます。

買主様からの売買代金の入金額人が取れましたら決済は終了となります。

(同時に司法書士が法務局へ赴き、登記手続きをいたします。)

売買代金以外にかかる費用

不動産を売却するにあたって諸経費がかかります。その費用を明記致します。

 

印紙

売買契約書に貼付します。

平成30年3月31日までの間に作成されるものについては、下記の通り印紙税が軽減されています。

 

  • ・500万円を越え、1000万以下の場合   5千円
  • ・1000万円を越え、5000万円以下の場合  1万円
  • ・5000万円を越え、1億円以下の場合  3万円
司法書士手数料

銀行の抵当権がついている場合や住所が変更になっている場合には司法書士にその変更費用をお支払いしていただく必要があります。

仲介手数料

売買代金に対する仲介手数料を不動産業者へお支払いしていただきます。売買代金ごとの手数料割合は下記の通りです。

 

  • ・200万円以下    売買代金に対して5%
  • ・200万円以上400万円以下  売買代金に対して4%+2万円
  • ・400万円超     売買代金に対して3%+6万円

 

※上記金額に対して消費税がかかります。

金融機関への繰上返済手数料

ローンをご利用になって物件を購入されている場合でローンがまだ残っている場合に
金融機関へローンの残債金額をご返済していただく際の手数料になります。

お支払いいただく手数料に関しては金融機関によって違ってきます。

ページ先頭へ